バストアップの成功方法

バストアップに成功した元貧乳みー子のブログ

エクササイズでバストアップできる?

読了までの目安時間:約 4分

 

エクササイズでバストアップ
エクササイズで胸を大きくするためには、腹筋を強化したり、背筋を強化する事も大切です。
なのでウォーキングなどがバストアップを促すエクササイズのひとつですが、大胸筋を鍛えるエクササイズもバストアップにつながるんです!
 
ただ、基本的に胸の成長には女性ホルモンが大きく関係し、女性ホルモンが活発にならないと胸を大きくすることもできません。だから女性ホルモンを活発化出来る生活習慣もしっかりと考えなくてはいけません。
そしてみなさんの生活環境も重要です。
 
女性ホルモンというのは些細なことでバランスを崩します。
 
例えば、ストレス。
ストレスは女性ホルモンを崩す要因のひとつ。
そのためバストアップを目指す場合は、ストレスのない生活を目指しつつエクササイズを取り入れていくことでよりバストアップ効果も期待できます。
 
ポイントは女性ホルモンの活発化&エクササイズです。
このポイントを抑えてエクササイズを行う事によって効果的に胸を大きくする事が出来ます。
 

大胸筋を鍛えてバストアップ

大胸筋を鍛えてバストアップするには腕立て伏せが適します。
腕立て伏せは年齢により垂れてしまう胸を垂れないようにする事にも効果が期待できますが、腕立て伏せは普通にすると大変ですし、継続も中々出来ないので簡単な腕立て伏せを行います。
 
腕立て伏せの方法は、通常の腕立て伏せではありません。
四つん這いになる格好で手はのばし、脚は膝を地面につけたポーズで腕立て伏せを行います。
 
この腕立て伏せを暇な時間に行うようにする事でバストアップにもつながりますが、バストの垂れ防止効果も期待できます。
 
でも大胸筋を鍛える事だけではバストアップには不十分なので、規則ただしい生活を心がけ女性ホルモンが乱れないような生活をする事も忘れてはいけません。
 
女性ホルモンは非常に繊細で乱れやすいですから、バストアップ効果を得るためにも生活習慣を見直す事も大切です。
 

バストアップと女性ホルモン

女性ホルモンはバストアップに大きく関係します。
女性ホルモンが活発にならないと胸も大きくする事は出来ません。
 
そのため、エクササイズを取り入れることも効果的ですが、女性ホルモンが乱れない生活習慣を送ることも大切です。
 
女性ホルモンの乱れる原因にはストレスがあります。
ストレスがたまることで女性ホルモンはすぐに乱れてしまいます。
 
そして冷えも女性ホルモンが乱れる原因。
女性は基本的に冷え症の方が多いですが、この冷えにより女性ホルモンは乱れてしまいますので、冷えを起こさないような生活習慣を作ることも大切です。
 
冷えは生理不順の原因でもありますが、この冷えによりバストアップを邪魔する女性ホルモンの活発化を阻止する事になります。
 
エクササイズによるバストアップは、腹筋を鍛えたり大胸筋を鍛えることで期待できますが、それと同時に女性ホルモンの活発化も考えてあげなくては、エクササイズも無駄になってしまいます。

バストアップエクササイズ バストアップマッサージ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る