バストアップの成功方法

バストアップに成功した元貧乳みー子のブログ

バストアップにはタンパク質がおすすめ!

読了までの目安時間:約 4分

 

バストアップにはタンパク質!
バストアップに効果的な食品には、大豆キャベツがあげられます。
これらの食品には女性ホルモンの分泌を促す作用を持つ成分が含まれているので、こうした食材を利用しつつツボ押し等をプラスすると効果的なバストアップにつなげる事が出来ます。
 
バストアップの基本は女性ホルモンの分泌を促す事なので、食品でバストアップを期待するのであればイソフラボンボロン成分のような女性ホルモンの分泌につながる成分を含む食材を利用する事が大切です。
 
ところで、バストアップにはタンパク質も欠かせません。
そもそもこのタンパク質は人の骨や筋肉を作り、骨を作る作用を持つ成分なので、健康維持のためにもタンパク質は欠かせませんが、ホルモンの分泌を促す成分でもあるので胸を大きくするためにも欠かせないんです。
 
そのため、タンパク質を取り入れた食生活を心がけることで女性ホルモンのバランスを崩さず、分泌を助けることになりますから効率よくバストアップさせる事が出来るのです。
 

タンパク質を含む鶏肉

タンパク質を含む食材には色々とありますが、バストアップにはこのタンパク質が欠かせません。
 
タンパク質を含む食材には鶏肉がありますが、鶏肉を取り入れた食生活を心がければ女性ホルモンの分泌を促しますから、自然とバストアップ効果が期待できます。
そもそもタンパク質を体内に補う事によって筋肉の形成にも役立ちますから、こうした成分を適度に毎日補うようにすることで自ずと「筋肉=大胸筋の形成」に役立ちバストアップ効果も期待できるんです。
 
ただ、タンパク質は骨、筋肉を形成する働きを持つので、直接胸を大きくする効果が期待できるというよりも胸を大きくするための土台作りに役立つ効果と考えるほうが正しいです。
いずれにしてもバストアアップのためには、良いという事を取り入れる事はもちろんいいですが、体内からバストアップ効果の期待できる成分を補う土台を作ることも大切なんです。
 

部位ごとの栄養素の違い

同じ鶏肉でも各部位で栄養素が若干異なるので、鶏肉を食べてバストアップしよう!という方は、部位ごとの栄養素の違いも把握しておきましょう。
 
例えば、鶏肉のももの部分は鉄分も非常に多くタンパク質も脂肪も多めです。
そのためバストアップにつなげたい場合は、同じ鶏肉でもモモは効果が非常に期待できます。
更にささみ
ささみの部分は何と一番タンパク質が高い部分。
なので、ささみを食べるようにしてもバストアップ効果がかなり期待できると思います。
 
また、手羽先の部分を考えるとコラーゲンが多いので美肌効果もありそうですが、この部分は脂肪分が多いのでバストアップと言うよりも美肌を保ちたい方には手羽先部分がお勧めです。
 
このように同じ鶏肉でも部位ごとに栄養分が違いので、貧血気味でバストアップしたいなら鉄分もタンパク質も多いモモ部分がいいですし、とにかく胸を大きくしたい人にはタンパク質がいちばん多いささみなんかが最適です。

食べ物によるバストアップ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る