バストアップの成功方法

バストアップに成功した元貧乳みー子のブログ

バストアップの基本

読了までの目安時間:約 4分

 

バストアップをするためには乳腺をまず発達させてあげる事が大切です。
そして、女性ホルモンも促進し分泌量を増やす。
なお且つ代謝も促進します。
この3つを実現する事でバストアップ効果も期待できます。

実際、胸というのは乳腺1に対し脂肪が9の割合で成り立っているので、乳腺の発達で脂肪を増やす事が出来ます。
なので、胸の小さな原因は女性ホルモンや乳腺、脂肪などが原因しているので、女性ホルモンと乳腺の発達につながる方法を行う事で胸を大きくする事が出来ます。

女性ホルモンを増やすためにはじゃあどうするか?

女性ホルモンとストレスは非常に関係するもので、ストレスをためすぎると女性ホルモンの分泌量が減り逆に男性ホルモンを増やす事になりますので、ストレスが多ければ胸を大きくする事ができません。

そのため、バストアップのマッサージ等を取り入れバストアップを目指す場合は、生活習慣やストレス等の部分も十分に見直しストレスをためすぎていないか?などもきちんと考え取り組まなければいけません。

マッサージ効果を高めるポイント

バストアップマッサージバストアップのマッサージを行う事で血行促進、代謝促進につながりますからバストアップ効果も期待できます。
ですが、バストアップしたいとバストアップのマッサージだけしていても効果が薄いのです。

なぜ、マッサージだけしていても効果が薄いか?
バストアップには乳腺を発達させてあげなくてはいけませんし、それには女性ホルモンの分泌も促進してあげなければいけません。
マッサージだけでこれらを促進してあげる事は出来ず、寝不足やストレスが多ければマッサージ効果も半減します。

胸を大きくするためには、女性ホルモンの分泌を助けてあげなければいけません。
また、そのためには女性ホルモンを減少させてはいけません。
寝不足やストレスは女性ホルモンを減らし男性ホルモンを増やす事になるので、いくらマッサージを試みても効果が出なくなってしまいますので注意しましょう。

マッサージ効果を高めるポイント

マッサージは血流の促進につながりますので、代謝をあげてバストアップに役立ちます。
ただし、マッサージを賢明にしていてもエストロゲンの増加につながる事をしなければ、バストアップ効果も中々出てきてくれません。

マッサージ効果を高めて効率よくバストアップするには、女性ホルモンのエストロゲンを増やし乳腺の発達につなげてあげる事が必要なので、食生活を見直して女性ホルモンの促進になる食生活をプラスしてあげる工夫等も必要なのです。

例えば大豆。
大豆は女性ホルモンの分泌量を増やしてくれる食材なので、こうした食材を摂り入れつつマッサージを行うと女性ホルモンも促進し乳腺の発達につながり胸も大きくなる事が期待できます。

けれども寝不足を毎日のように続けていると女性ホルモンはどんどん減少してしまいますから、いくら女性ホルモン増加の食材を利用しマッサージをしても効果が期待できません。
そのため、上手にマッサージ効果を高めてあげるために寝不足はもちろん、ストレス等の女性ホルモン減少につながる事は一切しない事もポイントです。

タグ :  

バストアップ基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る