バストアップの成功方法

バストアップに成功した元貧乳みー子のブログ

正しいバストアップとは

読了までの目安時間:約 4分

 

正しいバストアップ
胸を大きくするためには、胸がどうすれば大きくなるかを知ることも大切です。
 
例えば、マッサージにより胸は大きくなると言われています。
ですがマッサージだけをしても本当は胸を大きくする事は出来ません。
 
胸を大きくするためには、胸の発育に大きく関係する女性ホルモンの分泌を促す必要があります。
そのため、胸を大きくするためにはマッサージだけでなく、発育につながる女性ホルモンの部分もしっかりと考えケアしなければいけないのです。
 
胸はそもそも乳腺が1に対し脂肪が9の割合です。
つまり、ここからわかるように胸というのは乳腺への刺激もバストアップには大切ですけど脂肪量が胸の大きさに関係するという事なのです。
 
健康的に脂肪をつけることによって胸を大きくする事ができるので、胸が小さいとお悩みの方はBMI数値を調べ、脂肪をつけることも心がけなくてはいけません。
 
胸というのはこうして脂肪量が大きさに関係してくるので、胸を大きくしたいと考えている方はこの辺の部分も十分にチェックし正しいバストアップを行いましょう。
 

バストアップに欠かせないエストロゲン

バストアップに欠かせないのが脂肪量ですが、それプラス女性ホルモンの分泌も必要です。
 
女性ホルモンは本来2種類存在しており、女性ホルモンの2つの内のひとつであるエストロゲン乳腺細胞の増殖を促すものなので、女性ホルモンを乱す事でバストアップされなくなってしまいます。
 
そのため胸を大きくしたいと考える場合は、正しい知識でケアしていかなくては苦労しても中々効果が得られないと言う事になってしまうのです。
 
胸を大きくするためには胸を大きくするための知識が必要で、正しい知識がないままにバストアップケアしても効果を得る事はなかなか出来ないのです。
 
胸を大きくするには脂肪量をきちんと確認し脂肪量を増やすとか、女性ホルモンを乱さない事が必須なのです。
 
いずれにしても胸は乳腺と脂肪で構成されているものなので、脂肪量はもちろん乳腺を発達させる事も大切です。
 

バストアップと乳腺

バストアップするには女性ホルモンの分泌を促し脂肪量を増やす事も大切ですが、胸は乳腺と脂肪で構成されているので、やはり乳腺を発達させる事も必要になります。
 
では、乳腺を発達させるにはどうすればいいか?
 
乳腺を発達させるには基礎体温を上げる事がとても大事です。
なので、基礎体温を上げるケアを行う事により自然に乳腺の発達につながってくれます。

女性ホルモンにはエストロゲンプロゲステロンが存在しますが、この両者がバランスよく存在する事により胸の発育が促進されます。だからいずれにしても胸を大きくするためにはマッサージやツボ押しももちろんですが、女性ホルモンの分泌を促し女性ホルモンがバランスよく保たれるようにしなければいけません。
 
胸は筋トレ等を行う事により胸が大きくなるのをサポートする作用が期待できますが、結果的にそれがバストアップにつながるわけではありません

バストアップ基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る