バストアップの成功方法

バストアップに成功した元貧乳みー子のブログ

胸を大きくするマッサージとは

読了までの目安時間:約 4分

 

胸を大きくできるマッサージ

胸を大きくするためにはマッサージが効果的です。
マッサージを行う事で胸の血行も促進され刺激されます。
そのため、マッサージを行う事により胸を大きくする事が出来ます。

ただし、マッサージやその他のバストアップ方法は、すべて継続が必要なものなので、効果を急ぐと長続きさせる事ができませんので注意しましょう。

胸を大きくするマッサージ&運動には、胸を揺らす方法もあります。

 

方法は鎖骨を中心に右と左の胸を持ちあげ弾ませる要領で揺らす事。
大体1秒に3回程度揺らす要領で左右両方の胸を持ちあげ揺らしますが、セット回数として毎日30回ずつ程度行う事がお勧めです。

右の胸は左でお持ち上げ鎖骨胸の中心(鎖骨の中心)に向かって斜め上に弾ませる揺らす事がポイントです。
このマッサージ&運動を毎日続けるとバストアップ効果も期待できます。

胸を大きくするためには胸の血行を促進し刺激してあげる事がポイントになります。

ツボ押しもプラスして!

胸を大きくする基本は、胸に刺激を上げる事。
持ち上げたり、さすったりすることで胸の血流が促進されますからバストアップもしやすくなります。

 

そのため、バストアップにはマッサージやエクササイズが基本ですが、バストアップには垂れ防止の対策も必要なのでツボ押しもプラスするとよりバストアップ効果も期待できます。

ツボ押しもマッサージ同様基本的に簡単です。
胸のツボを刺激する事によって乳腺を発達させる事も出来、バストアップに必要な女性ホルモンまで刺激されますから、単純にマッサージするだけよりもアップ効果も高くなります。

基本的に胸を大きくするために必要な事は胸の構成なんかも考えて脂肪も味方につけるとアップ効果も高くなります。
なので、乳腺についている脂肪も味方にするために乳腺をまず発達させてあげる。
そして脂肪がつきやすくしてあげるとよりアップ効果も期待できます。

そこで女性ホルモンも味方につけるべくマッサージにツボ押しをプラスします。

バストアップマッサージと乳腺の関係

バストアップに大切なのは、乳腺を発達させてあげる事です。
乳腺の発達なしにバストを大きくする事は非常に難しいので、女性ホルモンも味方につけてあげます。

 

女性ホルモンには2種類存在しますが、その片方のホルモンを刺激する事により女性ホルモンが促進して乳腺の発達につながります。
女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンというものが存在し、乳腺の発達につながる女性ホルモンがエストロゲンなので、このエストロゲンを促進してあげれば女性ホルモンも促進し乳腺の発達につなげる事が出来ます。

 

要するにバストアップの簡単な方法はエクササイズやマッサージと色々ありますが、女性ホルモンを刺激する事とその分泌量を増やすことで乳腺自体が自ずと発達して増えてくれるためバストアップにつながりやすくなるんです。
また、それにはマッサージだけでなく乳腺の発達と女性ホルモンの促進につながるツボ押しをプラスしてあげる事が効果的です。

 

 

タグ :

バストアップマッサージ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る