バストアップの成功方法

バストアップに成功した元貧乳みー子のブログ

豊胸手術の基礎知識

読了までの目安時間:約 4分

 

豊胸手術ってどんなもの?
豊胸手術とは、クリニックや美容外科でバストを大きくする施術のことです。
 
豊胸手術をする事によってコンプレックスだった胸を希望の理想のバストにする事が出来ます。
 
豊胸手術には、大きく分けてプロテーゼ挿入法と呼ばれるものと注入法があります。
他にもいくつかの豊胸手術がありますが今現在主流なのは豊胸手術はプロテーゼ挿入法と注入法の2つです。
 
胸を大きくする方法には、手術に限らずいくつかの方法がありますが、豊胸手術をする事によって他の方法よりは苦労せずに好みの大きさや形にする事が出来ます。
 
豊胸手術の費用はバッグプロテーゼ挿入法で50万円~100万円と開きがあります。
そのため、豊胸手術をするにしてもどこのクリニックが高く、どのクリニックが低コストでバストアップできるかも豊胸手術をするに伴い、しっかり調べて検討しなければいけません。
 
仮にバッグプロテーゼ挿入法であれば使用するバッグによって術式が異なりますが、それにより費用も違ってきますので、豊胸手術をバッグプロテーゼ挿入法でという場合は色々な面を慎重に比較検討しなければいけません。
 

豊胸手術の種類

豊胸手術は、苦労せずに自分の思い通りのバストアップが実現します。
 
でも豊胸手術には色々な手術があってそれに伴い価格・費用も安くないです。
そのため、豊胸手術を検討する場合はまず「どこで?」手術を行うべきか「どういった手術がいちばんいいか?」を十分に比較し検討した上で決めなくてはいけません。
 
豊胸手術にはバッグプロテーゼ挿入法と脂肪注入、ヒアルロン酸注入などがあります。
なので、それぞれの手術の内容を十分に把握し持続効果の部分もよく認識した上で豊胸手術は行わなくてはいけないです。
 
例えば、バッグプロテーゼ挿入法で豊胸手術をした場合は、持続効果は半永久的に得られます。
しかしその半面、麻酔を使用しなければならないというデメリットもあり、1週間程度痛みますから、その辺も十分に認識した上でバッグプロテーゼ挿入法を試す事が大切です。
 

豊胸手術はこわくない?

豊胸手術をはじめ、手術というのは失敗がないとは言い切れないものです。
そのため、胸を大きくしたいと願っていても中々豊胸手術には踏み切れない方もおられると思います。
 
豊胸手術には以前までシリコンバッグと呼ばれるものを体内に入れバストアップしていましたが、現在このシリコンバッグに関しては禁止されております。
 
その理由はシリコンバッグを体内に入れる事により危険性が高いと判断されたからです。
なので現在は安全性の高い方法で豊胸手術を行っているので、豊胸手術は恐いものではありませんし、シリコンの代わりに今では食塩水入りのバッグが用いられています。
 
いずれにしても手術を行う以上は、手術の内容を十分に把握し幾つかのクリニックの手術実績費用等を比較した上で検討しなければいけません。
 
失敗の噂もちらほらある豊胸手術ではありますが、実際、本当に失敗ばかりの豊胸手術ならクリニック自体経営が成り立つはずがないので、失敗というのは0に近いものといえるでしょう。
 
でももし、もう少し努力をしてみようと思う方や豊胸手術をせずに安くバストアップがしたい方は、自分の姿勢を正しい姿勢に戻すことや、バストアップマッサージから一緒に始めてみませんか?

バストアップ豊胸手術   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る