バストアップの成功方法

バストアップに成功した元貧乳みー子のブログ

豊胸手術の違いとは

読了までの目安時間:約 4分

 

豊胸手術の種類と違い
豊胸手術にはバッグプロテーゼ挿入脂肪注入ヒアルロン酸注入があります。
 
脂肪注入は脂肪の多いところから脂肪を吸引し不純物を取り除き、取り除いた自分の脂肪を胸に注入する方法です。
 
この脂肪注入はアレルギー反応なく豊胸手術が出来ますし、細くしたい部分を細くしながらバストアップできるので、豊胸と痩身が一気に実現する事が出来ます。
 
しかしこの脂肪注入による豊胸手術は、注入した脂肪が石炭化する可能性も考えられます。
そのため、その石炭化した脂肪がシコリになってしまう可能性がありますので、脂肪注入による豊胸手術を行う場合は脂肪注入のメリット、デメリット部分を十分に把握した上で検討しなければいけませんし、費用も大体50万円程度かかりますから、その辺も含め十分に検討した上で試す事が必要です。
 
豊胸手術は種類によって手術内容が異なりますし、その手術に伴い考えられるメリット部分も違いますから、バストアップのために豊胸手術を受けたいと考えている方は、各クリニックの手術内容とメリット、デメリットを十分に調査し検討しなければいけません。
 

手術の持続効果

豊胸手術の種類によって持続効果もやはり違います。
 
例えばバッグプロテーゼ挿入でバストアップする場合は大きくしたバストは半永久的に効果が持続します。
 
しかし、自分の脂肪を注入する事になり脂肪注入でバストアップする場合は、注入後何年かすれば注入された脂肪は体内に吸収されてしまいます。
 
なので、脂肪注入によりバストアップをしたい方は、この「数年後に体内へ吸収されてしまう」という部分をよく考えた上で検討しなければいけません。
 
これがヒアルロン酸注入の場合は注入後長くて2年ぐらいで体内に吸収されてしまいますので、持続効果で考える場合はバッグプロテーゼ挿入がいちばん効果が持続すると言う事になりますが、その分費用も他手術より高くなるのでその辺も十分に踏まえた上で豊胸手術は受けなくてはいけません。
 

豊胸手術に異物反応ってあるの?

豊胸手術には異物反応があるものもあります。
 
バッグプロテーゼ挿入の豊胸手術は、術後すぐに異物反応します。
またそれによりバッグプロテーゼ挿入の場合は発がんのリスクも考えられます。
しかし、この方法で豊胸手術を行う事により苦労せずに自分の思い通りのバストになる事が出来ます。
 
脂肪注入による豊胸手術は、自分の脂肪を体内に入れることになるので、アレルギー反応の心配もありませんし、拒否反応というものもほとんど起きないはずです。
しかし、この方法でバストアップしても何年かすれば注入した脂肪が体内に吸収されてしまいますから、その辺を考えるとバッグプロテーゼ挿入が高いコストなだけに半永久的な効果を得られることになります。
 
異物反応に関しても豊胸手術の場合は、手術の種類により違いますので、豊胸手術を検討される場合は、手術の種類と同時に手術内容や異物反応に関してもよく調査し認識した上で検討しなければいけません。

バストアップ豊胸手術   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る